2014年04月03日

茶臼山登山〜古代のカンナビと戦国の山城〜

6日 日曜日は恒例の茶臼山登山を行います。
茶臼山は松江市大庭町、山代町にある山で、
古代には神名樋野(カンナビヌ)と呼ばれ、
神聖な山でした。

また戦国時代には山城が築かれました。

昨年、山頂周辺の木や藪が刈りはらわれ
360度パノラマの絶景が待っています。

140403tyausuyama-1.jpg
木や藪が刈りはらわれた山頂のようす

140403tyausuyama-2.jpg
山頂からみた宍道湖側のようす

山頂からは宍道湖、大橋川、中海が見渡せますし、
南は八雲町熊野の天狗山や東出雲〜安来の京羅木山など
360度見渡せます。

また戦国時代の山城の遺構も驚くほど
良好に残っています。
ぜひこの機会に一緒に登ってみませんか?

人気ブログランキングへ
↑クリックお願いします。ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
↑クリックお願いします。ブログランキングに参加しています。
posted by 八雲立つ風土記の丘 at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般向け行事